検索

日田ー阿蘇旅①


6月後半にお休みをいただき、1泊2日の旅行へ行きました。

巡った場所を紹介いたします。

【日田豆田町散策】

朝8:00に長崎を出発し、長崎自動車道→大分自動車道へ

最初の町、日田へ到着。

1601年丸山城が築城され、城下町が形成された後、

江戸時代より日田は天領となります。

碁盤の目のきれいな町並みで、今も白壁造りの古民家が立ち並びます。

碁盤の目。敵の侵入を防ぐためにわざと見通しを悪くする「食い違い」など、

城下町を旅すると、長崎ではあまり見られない風景を見ることができ面白いです。

日田といえば、お雛様。

今は時期ではありませんが、「雛御殿」(入場料300円)という場所で常時展示されています。

展示場は広く、本当に圧巻でした。

このひな人形以外に色んなタイプのひな人形が展示されています。

中でも初めて見たなぁと思ったのがこちら↓

このひな人形は「おきあげ雛」と呼ばれるもの。

(おきあげ雛とは:

下絵を描いて厚紙に写し、綿をのせて、着物のはぎれなどの布地でくるみ貼りあわせ、

その中に細く削った竹を取り付けて、ワラや畳のヘリに挿して飾るもの)

こんなきれいに作れるなんて、江戸時代の人たちってすごい器用だなぁ。

今は何でも買えばいい!と思ってしまいますが、

昔は自分たちで作らないと手に入らなかったんですよね。

さすが天領だけあって、調度品の素晴らしいこと。

また保存状態も良かったのでしょうね。

同じ天領でしたが、こういう部分は長崎にはないところだなぁと思います。

原爆の影響もかなりあるのでしょうか。

以下の画像、日田の町並みの一部です。

日田のお土産屋さんは充実していました。観光客も平日の割に多かったです。

日田はお醤油、お味噌、羊羹が有名みたい。

私は日田の焼き物「小鹿田焼」(おんたやき)が欲しくて

何件か見させていただいたのですが、今回は購入せず。

いづれ、お家の皿のほとんどを「小鹿田焼」にしたいくらい

素朴でかわいい焼き物です。

今回、旅先からのお手紙を風景印で出したいと思っていたのですが、

お手紙を書く時間が取れなさそうだったので、書いたものを準備して旅行へ出かけました。

こちらが日田郵便局の風景印です↓