検索

手紙と旅の手帖始動②

最終更新: 2020年2月13日


参加が決まった11名の作者の方に集まっていただき、

10月20日(土)考える編

10月27日(土)つくる編

と銘打って、「ZINE製作」の基礎を学んでいただく会を開きました。

考える編の模様「自分の作るZINEの骨組みを考えよう」

講師:藤本編集局の藤本さん

   長崎都市・景観研究所null 所長の平山さん



つくる編の模様「実際のレイアウト等考えよう」

講師:斜面地・空き家活用団体つくる副代表 金氣さん

   AOIKABA舎 かんのさん



イベントの前に講師の方にも集まっていただき、

ご意見を聞かせてもらいました。本当にお世話になりました。

本来は、長崎市へ提出する資料を作る前に、

講師の皆さんに会ってもらって意見を取り入れながら作ればよかったです。

これも私の大きなミス。

そう、ミスだらけなんですよ。

おかげさまで2回行ったイベントは、参加者のみなさんに楽しんでいただき

無事に終了致しました。

11月の1か月間

各自参加者の方が「作者」として、

長崎市まちなか地区のZINEを作るための取材をし

原稿・写真撮影・イラスト描き等をおこなっていただきました。

ここで、私が皆さんに申し訳なかったと思うことは

期間がたったの1ヶ月しかなかったということです。

皆さんお仕事だったり、ご自分の活動をしながら参加いただいていました。

その上原稿を仕上げるというのはかなりタイトな日程だったと思います。

その上、決まりと言えばA5サイズの8ページということのみ。

レイアウトも自由にしていたため、逆に迷わせてしまう結果になったと思います。

この場をお借りして、本当に申し訳ございませんでした。

そして、素敵な原稿を書いていただき、本当にありがとうございました。

つづく。

ちなみに10月のてがみはとは

福岡で開催のGood Paperというイベントへの出展

このイベントはすごかった!紙熱い!って感じでした。

また参加させていただけたらなぁー。

画像は開催場所だった護国神社。

11月は「第3回ながさき愛の映画祭」に実行委員会メンバーとして参加という日々でした。

こちらの映画祭は今年度も行われる予定なので

私も実行委員会メンバーとして今年もまた頑張ります!

データ制作編へつづく

#たわごと #お知らせ

83回の閲覧

最新記事

すべて表示

本の話。日本語を味わう名詩入門6 中原中也

このブログは、何年前かに書いていて下書きに入れっぱなしになっていたもの。 改めて読んでみると、すごくいい!なんですぐアップしなかったんだろう。 きっと感想を書こうと思っていたのだな。 感想なんて不要です。とにかく素敵な詩でした。 ↓↓↓ 中原中也の詩を読んでみたいと思っていたので図書館で借りたのですが、 最初はとっても暗くて・・・ついていけないワールドかなぁと思いました。 でも読んでいくと、こんな

机の上

© 2013-2020 てがみ屋