検索

なんと、またプレイバック 【2/14顔ハメ看板ニスト塩谷朋之トークショーを開催しました。】

更新日:2020年2月14日


2018年をPLAY BACK!

facebookに投稿していたけど、ブログに書いていなかったことを

今更ながら振り返りで書いております。

2/14はこちらをおこないました

このイベントは南山手の 斜面地・空き家活用団体つくるさんとてがみ屋の共催イベントでした。

場所もつくる邸にて。

つくる邸は何度かブログにも登場した(?)かと思うのですが

南山手町にある築80年の古民家で「つくる」さんの拠点です。

こちらは現在シェアハウス兼コミュニティスペースとしてイベント等がある日は

お家を解放しております(普段はシェアハウスなので、openしていません)

つくる邸・てがみ屋ともに、「出会い」の場であることから

塩谷さんには「出会い」をテーマにトークを組み立てていただきました。

さてこのイベントを前に、私も二つ「顔ハメ看板」を作って行きました。

段ボールで作ったし、始めてだったのでかなりクオリティは低いのですが

てがみ屋のキャラクターである「てがみはと」とフエキのりの「フエキくん」です。

絵のクオリティ的にフエキくんの方が上手くできましたが、穴を大きくし過ぎたのは

次回製作する時の教訓にしたいと思います。



画像右のスーツ姿の方が塩谷さん。

一番左はつくるの代表岩本君。そして私です。

色々面白すぎる顔ハメ看板の写真が出てくるのですが、

「出会い」というテーマでいろんな話をしていただきました。

塩谷さんは一眼レフと三脚を持って、基本1人で撮影に行かれます。

もしも顔ハメ看板の穴が2つ以上開いていたら、

その辺を歩いている人に声をかけて、必ず穴は埋めてから撮影するそうです。



サインを求められた際の割り箸の話もウケたなー。


トークイベントの後はみなさんで懇親会。

かなり話が弾みました。(この写真は弾む前だなー(笑))

つくる邸は本当に居心地が良くて、毎回あやうく長居してしまいます(笑)


最後の記念撮影。

みなさんの口元に付いているものは私が作っていった「クチバシ」なのですが