検索

第3回ながさき・愛の映画祭

更新日:2020年2月13日


第3回ながさき・愛の映画祭 11月9・10・11日の3日間盛会の内に幕を閉じました。

愛の映画祭HPはこちらから

私は第1回目は観客として参加をし、

第2回目はプレイベントを実行委員会とてがみ屋共催で行いました。

そして今回(第3回目)は実行委員会メンバーとして関わらせてもらいました。

最初の頃のミーティング写真


このころは知っている方の方が少なく、正直緊張しまくりだった。↑

2018年4月くらいからMTGを重ねてきて、

(全体ミーティングから各セクションに分かれての会議など)

その間、長崎県立大学シーボルト校の情報システム学科の皆さんが広告物を作ったり

同じくシー大情報システム学科の学生さんが、告知CMを作ったり、

代表儀間さん、事務局安元さん、他有志の皆さんが、寄付をしてくださる企業さんを訪ねて回ったり、本当に多くの方の力で進めて行きました。(この辺り私は全然タッチしていません、皆さんすごい!)

今回(第三回目)の映画祭は「違うってポジティブだ」がテーマ。

第一回目の映画祭テーマ「さまざまな愛のかたち」

第二回目の映画祭テーマ「今日からまちは、そしてわたしは変わるだろうか?」

とだんだんテーマの幅がひろがって

すべての人が生きやすい町になるにはという観点に変わって来ています。

私たちの周りには沢山の人たちが生活をしていて、生活様式も考え方も多種多様。

そういうことって頭では分かっていても、実際に接する機会があまりなかったりしますよね。

代表の儀間さんはLGBTの支援団体「take it 虹!」の代表をしています。

自分の団体のためだけではなく、他の市民団体とも連携して

すべての人が生きやすい町にしていけたら・・と映画祭を考えています。

私はこの映画祭を通して、本当に考えさせられることばかりで、、

とはいえ、実は私

2018年5月くらいから、自分の普段の仕事(会社員としての仕事、てがみ屋店長としての仕事)

だけではなく、私(てがみ屋)主催のイベントを沢山立ち上げてしまい(X-X)

本当ににっちもさっちも行かなくなってしまった時期がありました。

一番私がおかしくなってしまった(自分で言うけど)のが7月と9月と10月・・

(いや、こんなあるんかい!)

その間の映画祭ミーティングも行く予定にしていてドタキャンとかしてました。

こんな私でいいのだろうか。役に立てているのだろうか。

そもそも、私必要なのかな?とかネガティブキャンペーン貼りまくりで

やばい時期を過ごしていました。

何かもしかして、私キラキラしてる人に見えている人いるかもですけど(たまに言われる)

心の中めっちゃネガティブだったりします。

さて、そんなこんなで映画祭を迎えました。

映画はこの3本。

全て観ましたが、本当に考えさせられる映画ばかりでした。

私は「パレードへようこそ」が好きでした。

映画だけではなく、今回はイベントも3つありました。

◇映像製作ワークショップ

長崎県立大学映画研究会の学生と一緒に「演出