検索

僕の歩く道


草彅剛さん主演の『僕の歩く道』に突然はまってしまい

3日間でいっきに11話観終わりました。

今から11年ほど前のドラマです。

ストーリー

草彅くん演じるテルは、自閉症の32歳の男性。

お家は2世帯住宅で母親、妹、兄家族と一緒に暮らしています。

幼馴染の都古ちゃんが獣医として働く動物園で、テルも働くことになるのですが・・・

という感じ。

本当に心温まるいいドラマでした。

周りの人たちはテルから教わることが沢山あって、

みんな『まぁるく』なっていく感じです○

改めて、人って接する人から教わることが多いなぁって感じました。

このドラマ、毎回『お手紙』が出てくるところも好きです。

テルの日課は「都古ちゃんにお手紙を出すこと」

ハガキに今日あったことを書く、

たった3行ですが、リズム感が合ってとっても素敵なんです。

短歌や詩のような響きにも聞こえます。

例えば

都古ちゃんへ

今日は動物園に仕事に行きました。

チキンカレーを食べました。

都古ちゃんが家に来ました。

こんな感じです。

私も誰かにこれやりたいなぁって思いました。

テルと都古ちゃんはよく、仕事帰りに「焼き芋」を買って公園で食べます。

テルが買うときは、自分の分しか買いません。

都古ちゃんが買うときはテルの分も買ってあげます。

公園のベンチには枯葉が積もっているのですが、

テルは自分が座るところしかきれいにしません。

都古ちゃんのことは全く気にしていないのです。

でも、都古ちゃんはそんなテルを受け入れています。

それがテルだからです。

私はこの対応(受け入れる)は、相手が自閉症だからとか、

そういう問題じゃないと思ったんです。

2人はすてきな関係性だなぁって思いました。

何かと、自分の分だけではなくて他人の分もやってあげるのが

当たり前の世の中ですよね。

自分がやりたくてやっているのであれば、すごく良いことだと思いますが、

やってあげているという気持ちでやると、

相手がそうするのも当たり前と思ってしまいがちですよね。

とにかく優しい空気がすごく流れているドラマでした。

テルの特性で、毎日の習慣や、口ぐせが11話の中に何度も繰りかえし出てきます。

それも何か見ていて心地よかったです。

ここは私が一番大好きな映画

「かもめ食堂」にも通ずるところだなぁと思いました。

#たわごと #お知らせ

105回の閲覧