検索

お手紙を渡したり、渡さなかったり


私は、少しでも暇な時間ができると何か書きたくなります。

昨日も「あ、○○さんに手紙を書こう!」(私の気持ちを聞いて欲しい)

と思って4枚も書きました。

書いている途中で「そっか、そういうことか!」となり

4枚の手紙は渡さず捨てました。

どういうことかというと、

書いている間に「自分の気持ちに気付く」んです。

それでなんかスッキリしてしまう。

私が手紙を書くことが好きな、一番の理由はこの、

「自分を知る」ということだったりします。

手紙はその時その時で渡したり渡さなかったり。

手紙をもらうとすごく嬉しいし、

喜んでもらいたい気持ちで書いていますが、

やっぱり自分のために書いているんだと思います。

人によっては、好きな時間の使い方が色々あると思うのですが、

私が落ち着く時間は

大好きな音楽を聴きながら、お茶をのみつつ

ゆっくりと手紙を書く。これが楽しくて、落ち着きます。

みんな笑っているランプシェード。

大好きな写真です。

#たわごと #お知らせ

44回の閲覧

最新記事

すべて表示

本の話。日本語を味わう名詩入門6 中原中也

このブログは、何年前かに書いていて下書きに入れっぱなしになっていたもの。 改めて読んでみると、すごくいい!なんですぐアップしなかったんだろう。 きっと感想を書こうと思っていたのだな。 感想なんて不要です。とにかく素敵な詩でした。 ↓↓↓ 中原中也の詩を読んでみたいと思っていたので図書館で借りたのですが、 最初はとっても暗くて・・・ついていけないワールドかなぁと思いました。 でも読んでいくと、こんな

机の上

© 2013-2020 てがみ屋