検索

軍艦島に上陸してきました


てがみ屋で「ナガサキレタートリップ」を作る際に

「軍艦島」もデザインしていただきました。(デザイナー:山口なみさん)

そんな経緯もあり、いつか上陸したいなぁと思っていました。

今回乗船させていただいた船は「やまさ海運」様の軍艦島クルーズ船。

やまさ海運様以外も5社ほどクルーズ船の会社がございます。

まずは軍艦島に着くまでの長崎港の様子。

出航してすぐ近づいてくるのが

ジャイアント・カンチレバークレーン

三菱重工で今も稼働している「世界遺産」です。

(こちらもナガサキレタートリップの中にあります。デザイン:中村圭太さん)

しばらく走っていると

緑の建物と建物の間の海面上に小さく緑色の塀のようなものが見えます。

第三船渠こちらも「世界遺産」

クレーンと同じく、今現在も使われている稼働遺産です。

女神大橋の下を通って進みます。

女神大橋は大型観光客船が航行できるように高さが海面から65mの場所にあります。

女神大橋を通り過ぎると右手に見えるのが

「神の島教会」とマリア様。

神の島は隠れキリシタンの島でもあったのですが

神の島の手前にあるこちらの島

おにぎりのような形。

可愛らしい無人島ですが、隠れキリシタンの処刑場所として

利用されていたらしい・・・です。

途中、伊王島⇒伊王島大橋をくぐりぬけ

しばらくすると高島が見えてきます。

高島は軍艦島よりも前に石炭が採掘され、

グラバーと佐賀藩(鍋島藩)が共同で開発しておりました。

しかし多額の借金を抱え、グラバーから後藤象二郎に経営が変わります。

その後、後藤も経営に失敗し、岩﨑弥太郎(三菱)が鍋島藩より10円で購入します。

何だか「龍馬伝」の登場人物が沢山出てくる島ですね~。

高島のすぐ隣!

見えてきました軍艦島~。(世界遺産)

ドルフィン桟橋(左手下)から上陸です!

現在、ドルフィン桟橋から左手に伸びるコースのみ

見学できるように整備されております。

第1見学広場からの景色↓

画像真ん中にある、 H型の残骸は「ベルトコンベアー」跡

奥右手の建物は小中学校跡。

第2見学広場からの景色↓