検索

孔子廟 山本志保作


ナガサキレタートリップの作品を一つずつ紹介致します。

まずは「孔子廟」 山本志保作

「孔子廟」はてがみ屋から歩いて1~2分のところにあります。

街並みの中に、突然中国色!朱色の建物は鮮やか!きらびやかで目を引きます。

孔子の遺品を収め祀った建物で、アジアの国(日本も)にはいくつか「孔子廟」が

ありますが、長崎のものは日本で唯一の中国様式の建物で、見ごたえがあります。

画像:あ!っとながさきwebサイトより拝借

72賢人の石碑は大理石で出来ており、なんと1体1.2トンあるそうです。

それぞれが別々の衣装、表情をされています。

画像:あ!っとながさきwebサイトより拝借

また屋根の上にも、たくさんの装飾があります。

ハトもその一つ。「ハトも孔子の講義を聴いている」ということを

表しているのだそう。

てがみはとも聞いてみたかった。

便箋のデザインには上記の賢人や屋根の上の装飾などを

志保さんお得意の「ゆる~い」画風で描いています。

実際に孔子廟へ訪れたときは、実物を探していただけると嬉しいです♪

ナガサキレタートリップは5種類あり、

イラストレーターさんそれぞれの個性が出た、まったく違った作風です。

購入される方によって、好みも様々。

レジに持ってこられた時に、「この作品を選んだのか」とわかる瞬間も

個人的に楽しんでいます(^^♪

志保さんの作品を選ばれる方は、

なんとなくですが、「ひょうきん」なイメージの方が多い気がします(^◇^)

学問の神様「孔子」。

受験生などへの「がんばれ!」手紙にもぴったりかもしれません。

#お知らせ

80回の閲覧