検索

本の話 偶然短歌


偶然短歌 いなにわ、せきしろ共著

いなにわ さんはプログラマーで、あるプログラムを開発しました。

それは、ネット上にある文章を「5.7.5.7.7」の短歌調になるものに

抽出できるというもの笑

早速、wikipedea上にある文章を抽出し、

その中から、放送作家の「せきしろ」さんが100撰選んだものがこの本に収録されています。

私、図書館で読んでいたのですが、

一人で「いひひ」と笑っていて。

絶対変な人って思われたと思います。

下記に私が選んだ短歌の画像を張り付けています。

その前に、まず、絶対的に頭に置いといてほしいのが、「短歌」の美しい響きです。

万葉集や古今和歌集のような日本の美しい短歌。

国語の授業で習いましたよね??

そこんとこ、思い出して欲しいのです。

私、意味はよく分からなくても、5.7.5.7.7の響きが好きで、美しいって思うんです。

短歌とはそういうものだ。という固定概念があります。

それを、見事に覆すものだということを覚えておいてください!!

では。こちら。

こちらは、wikipedea「東山紀之」からの偶然短歌です。

少年隊のヒガシが宙を舞っている様子が目に浮かびます。

こちらは、wikipedea「セーラー服」からの偶然短歌です。

いや、これ。私利私欲で、公私混同で。

艦長は変態決定です。

こちらはwikipedea「.hack//alcor 破軍の序曲」の偶然短歌です(いや知らんし)

こんな、歌の歌詞のように美しいものも、このプログラムは抽出してくれます。

あげたらキリがないくらい、面白い偶然短歌がありました。

30分くらいで読めてしまうので、ぜひお気に入りの一首を見つけてください。

#お知らせ #本の感想

23回の閲覧