検索

本の話。ひらめき教室


ひらめき教室

佐藤ナオキ 松井優征 二人の対談を1冊にまとめています。

私、佐藤ナオキさんも好きで、

この人の本なら絶対面白い!と思って借りました(図書館)

佐藤ナオキさんはnendoというデザイン会社の社長さん。

国内外で大活躍されています。

松井優征さんは漫画家

「暗殺教室」を描いた作家さんです。

もとは、NHKの対談番組「SWICH」でご一緒されたそうなのですが、

あまりにも気が合うので、その後月イチで会う「飲み友」になったそう。

この本は「SWICH」収録時の対談と、その後何か月かたった後に

改めて本の為に対談した分の2章でできています。

好きだったところの会話を下記に写します。

佐藤:僕も海外の取材で

「日本人としての日本のデザインってどこまで気にしていますか?」

と良く聞かれるんですよ。

別にそんなこと気にしてないじゃないですか。

でも、海外の人からしたら、結果的に僕のデザインの中に

日本的なエッセンスを垣間見ている。

だから、「自分の個性って何だろう・・・」と気にしている学生や

若手クリエイターは、あんまり気にしなくてもいいと思うんです。

松井:何を表現しても、結局沁みだしますから。

「癖が自分を支えている」くらいの意識でいいんじゃないですか?

松井:矢沢栄吉さんが車のCMで

「やりたいことやっちゃう人生の方が、間違いなくおもしろい」って

言ってたじゃないですか。

そうやって生きた方がいいような雰囲気が世間に流れているけど、

好きでもないことを面白くする楽しみもあるんだぞと言いたい(笑)

佐藤:はははは。僕もCM見てまったく同じこと思ってました(笑)

「好きなことやっちゃいな」と言われる方が、自分にはつらいなと思って。

他にもたくさん、お二人面白いなぁ。と思う話が沢山ありました。

私が、読みたいなと思う本は、

「その人自身が、ちょっと(かなり?)変」と思う人の本です。

私変わった人が好きでして(常識は持ってないとだめです!!)

佐藤ナオキさん、本当に面白いんですよね。

そして、初めて知った松井優征さんも、同じにおいがして好きになりました。

マンガはあまり読みませんが、暗殺教室は読んでみたくなりました。

お二人の対談を読んで、私が思ったこと

「自分からにじみ出る個性を大切にすること」

#本の感想 #お知らせ

16回の閲覧