検索

本の話。明日は心でできている


明日は心でできている 小山薫堂著

私は小山薫堂さんが大好きです。

元々のきっかけは「人を喜ばすこと」という本を読んだからなんですが

なんて「真面目にふざけた人」なんだろう!と思いました。

その後、長崎に講演にいらっしゃったときにも聴きに行って

ますます大ファンになりました。

小山薫堂さんは、放送作家、脚本家です。

会社を2つ持っているのですが、

一つが放送作家のお仕事。

もう一つが企画の会社です。

この本で感銘を受けた文章を一部抜粋いたします。

◇出会いは2回目が大切

「あ、この人だ」と思ったら、いかに2回目に会うきっかけを作るかが大事。

◇一緒にいて楽しい人になる

どんな人になりたいかと聞かれたら、僕は「一緒にいて楽しい人」

になりたいと答えると思います。

そのためには毎日をポジティブに、楽しく生きていた方がいい。

◇基本はハッピーエンド

実現できそうか、そうでないかは関係なくハッピーエンドに向けて

どんどんとストーリーを作っていく。

それで少しでも前向きになれていたら、ラッキーだと思いませんか?

◇ドラマを作る勇気

「これは新しいドラマの始まりかも知れない」と感じたら、

思い切って一歩踏み出す。

人生にはそういう勇気が必要なんだなって思います。

◇一日一恥

恥なんてかいたとしても一瞬です。

「今日はどんな恥をかいてやろうか」

それくらいの気持ちで毎日を過ごしていたら、

いまよりずっと面白いことが起きるようになると思います。

◇未来への貯金

「いろんなエピソードであふれたものにしよう」

そう決めた時から、僕の人生が変わり始めたような気がします。

何かしようとするとき、僕は自分に問いかけます。

ーそれって、後々エピソードになる?と。

僕はそれを「未来への貯金」と呼んでいます。

日常のさまざまなエピソードを積み重ねていくことが、

未来を形作っていくと思っているからです。

あぁ。面白い。

小山さんみたいに「真面目にふざけた」大人になりたい。

「ひとをよろこばすこと」に書いてあったのですが、

この方は、サプライズが大好きで、誕生日祝いなどは半年以上前から

内緒で企画を練っておこないます。

サプライズを起こす方もHAPPYで、受ける方もHAPPY。

本当に幸せな連鎖だなぁと思います。

#本の感想 #お知らせ

22回の閲覧