検索

驚くべきリーダーシップの原則


「驚くべきリーダーシップの原則」

ルーマ・ボース/ルー・ファウスト著

著者のルーマ・ボースは

カナダ出身の女性で実業家です。

家族の信仰はカトリック教ではありません。

母親から絵本を読んでもらい、マザー・テレサに憧れを持っていました。

彼女は小さいころに、マザー・テレサへお手紙を書きます。

驚くことに返信があり、その言葉に心を動かされます。

ルーマはその後、大学へ進むのですが、

自分の理想が分からなくなります。

マザー・テレサがいるカルカッタへ。

「神と愛の宣教師会」でボランティア活動を開始します。

ご存知でしたか?

マザー・テレサが創始者となった「神と愛の宣教師会」は

・100か国以上で活動を行い

・4000人が情熱をもってフルタイムで働き

・100万人以上のボランティアが参加している

・世界でもっともよく知られたブランドのひとつであり

・何百億ドルもの資産を運用、活用している   組織なのです。

ルーマ・ボースは

マザー・テレサの実業家としての側面をこの本で紹介しています。

とはいえ、マザー・テレサはお金儲けをしている訳ではありません!

「神と愛の宣教師会」には

8つの原則があるのですが、その原則は企業にも通じるところが

あるということを書いています。

私が一番読んでいて共感したのは

第1の原則:簡潔なビジョンを力強く伝えろでした。

共感というか、自分に一番欠けている部分であると思うからです。

マザー・テレサのビジョンは

「貧しい人びとのなかのもっとも貧しい人びとのために働く」

だったのですが、(ビジョン=使命)

そういうものを持っている人はやっぱり強い。

私にとってのビジョンって何だろう・・・

起業するための心得的な本って沢山あって

だいたい同じようなことが書いてありますが、

マザー・テレサから言われた方が、より納得できます(笑)

そういう点で、他の自己啓発本よりは読みやすくお勧めです。

#本の感想 #お知らせ

15回の閲覧