検索

池上彰解説塾を読みました


テレビ朝日で放送されていた「ここがポイント!!池上彰解説塾1」の本です。

こちらの本は2014年4/14~9/8までの放送分を

加筆修正した本になります。

2014年の世界情勢なので、あ~、そういえばこんなニュースを良く見ていたなぁ。

という内容です。

①ウクライナ問題

②イラクで過激派が大暴走(ISIS)

③南シナ海にてベトナムと中国が衝突

④オバマ大統領来日

⑤中国の戦闘機が自衛隊機に異常接近

⑥脱原発か再稼働か?

⑦中国のシャドーバンキング

⑧消費税はどこまであがるの?

⑨日豪EPAでTPPはどうなる?

⑩冷戦から今の世界が見える

と10個のテーマを分かりやすく解説しています。

2014年の話なので、古い内容ではありますが、

きちんと理解できていなかったことが分かって面白かったです。

特に、①はニュースを見ていても

いまいちどうしてなのか理解できていなかったので

とても面白かったです。

それにしても、知れば知るほど

「いつ戦争が起こってもおかしくない」と思います。

こんなに平和ボケしている日本は、

いざ何か起こった時にどうなっちゃうんだろうと。

日本にとって(今や世界にとっても)一番の脅威は「中国」だと

思います。貿易相手国として、なくてはならない存在である「中国」

そして、領土問題で、もめている「中国」。

いづれにしても、「中国」は何十年も計画的に

「今のこの機会を待っていた」ということ。

日本は目先のことにとらわれすぎなのかも。

(これは私もそうだなぁ・・・)

まとめ

知ることが大事なんだなぁと思いました。

私も含め若い世代は

「どうせ、国は変わらないし」と、興味ももたない人が多いですが

それではどんどん衰退していく。

#本の感想 #お知らせ

0回の閲覧