検索

時候のあいさつ(4月編)


2月から書いております、時候のあいさつ記事。

今回は4月編です!

4月の季語

花冷え/桜花/春爛漫/春粧/春陽/仲春/春暖/春日/晩春

4月の挨拶文

・若葉の緑が鮮やかなこの頃、

・春たけなわ、

・春風がここちよいこの頃、

・日増しに春めいてまいりましたが、いかがお過ごしでしょうか?

などなど。

4月は新生活のイメージがあるので、上記以外でも

そういう言葉を盛り込むと、すごくいいと思います!

基本的に目上の方へ送るお手紙には

拝啓、もしくは謹啓などの頭語

季節のあいさつ+近況を伺う言葉

 ↓

本文

 ↓

結語   となります。

結語の基本は、(これで最後の文章になりますが、

あなたのことを気にしていますよ~)という気持ちを込めるとよいと思います。

私はほとんど「○○な季節ですが、お体ご自愛くださいませ」で締めくくります。

今だと、「4月とはいえ、まだまだ肌寒い日もございます。

 お体ご自愛くださいませ。」とかいいかもです!

基本的に手紙を書くことで気を付けていることは

①相手を思いやること

②相手の状況に応じて言葉を変えること

とにかく相手のことを考えて書きます。

メールやSNSになくて手紙にあるものは

「かける時間」だと思います。

お手紙を書いている時間は、相手のこと

そして、自分のことに集中して書けば、すらすらと文章が

でてくると思いますよ!

では楽しんでお手紙書いてくださいね♡

#お手紙QA #お知らせ

52回の閲覧