検索

日本史が人物12人でわかる本を読みました


「日本史が人物12人でわかる本 爆笑問題著」

昨日ブログに書いた件、

ここ最近日本史の本を読んでいます。

苦手だった日本史を理解したいのです。

でも、まだまだ全然理解が深められず。

もっと優しく、誰でも分かる本が読みたいなぁ。

子どもの頃にあった、「漫画で読む日本史」

みたいな本を図書館で探したのですが、

見つけられずにこの本を借りました。

爆笑問題が好きなので、丁度良かった。

内容は

菅原道真、源頼朝、武田信玄、淀君、田沼意次

井伊直弼、高杉晋作、土方歳三、和宮、福沢諭吉

野口英世、山下奉文の12人の解説本です。

この12人の人物を知ると、その周りの人物やその時代の

背景なども分かり、ぼんやりとですが日本史が理解できます。

それぞれの人物の説明に入る前に

爆笑問題の漫才のような掛け合いがあります。

それがすごく面白い!

本人が聞いたら怒るよ~っていうくらい

太田さんがディスってたりもするんですけど

(まあ、本人もういない)

その漫才のような掛け合いを読んでいると

何となく「その人物」の姿が浮かび上がり、

その後きちんとした解説を読んで

理解を深める感じです。

この12人の中で、私がもっと知りたいなと思ったのが

藤原道真、高杉晋作の二人です

菅原道真は百人一首でしか知りませんでしたが

ちょっと可愛そうなくらい、親に翻弄されているのです。

もう少し読んでみたいな。

高杉晋作は、もう、もう♡

見た目からかなり好み(笑)

軽やかに、時代の流れを読み、やってのける。

この人は今の時代にいてもモテモテだと思う。

挫折しそうで怖いんですけど

司馬遼太郎さんの時代小説を読んで、もっと人物に迫ってみたいなと

最近思っています。

#本の感想 #お知らせ

33回の閲覧

最新記事

すべて表示

充電完了

なつかしい。3年前の福岡一人旅 その時のブログはこちら「福岡一人旅」 読み返していて、これが旅の醍醐味なんだなぁと感じました(笑) このブログを読み返したきっかけは facebookの振り返り機能 3年前の11月30日に投稿した「福岡一人旅」がこの機能で出てきました。 読みかえして、色々甦ってきて大爆笑! 楽しかったなぁ それと同時に、最近冒険してないなぁってふと思いました。 昨日11/29に顔ハ