検索

オーダーさるくに行ってきました④


さて、この旅も残すところ「大浦天主堂」のみとなりました。

写真に撮っていなくて申し訳ないのですが、

先ほど降りてきた「祈念坂」の一番下のところに

石柱が建っています。

石柱は旧居留地に点在していて(残っているものは少ないですが)

その当時の番地が記されております。

髙さが30cmくらいしかないので、気を付けておかないと

気づかないくらいです。

「大浦天主堂」の横にある石柱は「南山手乙一番地」

「大浦天主堂」

正式名称は「日本二十六聖人殉教者堂」といいます。

1597年に「西坂」で殉教した二十六聖人を保護者と仰ぐため、その3年後に建てられました。

本来ならば「殉教地である西坂」に建設したかったのですが、教会は居留地外は許されていなかったので、居留地ぎりぎりの1番地に建立し、西坂の方向に向かって建てたそうです。

フューレ神父、プティジャン神父が資金を集め、建設業者を探し周り、グラバー邸建設者でもある、天草の棟梁小山秀之進が建築。

建築された当時(1864年)は「ふらんす寺」と呼ばれていました。

今の形になったのは、1979年。

また、その後原爆の被害に加え、創建後80年余りがたって老朽化が進んだことから、1947年に改修工事に着手、1952年に工事が終了しました。

「信徒発見」

1865年3月17日プティジャン神父を訪ねて、男女12~15名の一団がやって参りました。

その際ご婦人が胸に手をあてて、こういいました。

「ここにおります、私どもは、あなた様と同じ心を持っております。」

「サンタ・マリアの御像はどこ?」

豊臣秀吉の時代からキリスト教の禁教令が出され、激しい弾圧化にあった日本では

「潜伏キリシタン」として生きてきた信徒たち。

7代後には神父が黒船に乗ってやってくる。と信じられていたそうです。

信徒たちにとっては「神父発見」

250年間(7代)待ちわびていた瞬間だったわけです。

一方のプティジャン神父にとっては、「信徒発見」

日本でキリスト教徒はもういないのではないか。。と思っていた

ところ現れたキリスト教徒たちでした。

これは宗教史上の奇跡と呼ばれる大事件でした。

その後、浦上に潜伏していたキリシタンは、役人の目を盗んでは

こぞって大浦天主堂に訪れます。

*ちなみにプティジャン神父は長崎に来る前、琉球にて

日本語を習得しております。

「浦上四番崩れ」

信徒発見後の1867年

浦上では過去3回のキリシタン摘発(崩れ)があったが、幕末から明治にかけての

四番崩れが最大最悪の迫害となった。

浦上キリシタンは激しい拷問を加えられ、最終的に3394人が

全国各地20藩に預けられ、拷問を受けたり、苦役に従事させられた。

その後各国公使からの抗議に対しても「内政問題」として突っぱね続けて

いた政府であったが、『安政の開国条約の不平等条約改正』を

訴える日本に対し「信教の自由がなければ条約改正に応じない」とする

ヨーロッパ諸国に最後は同調し、1873年キリスト教を黙認することとなりました。

大浦天主堂は、現代の長崎人にとっては

「そこに鎮座されていて当たり前」の存在であり、

ただの(と言ったらとても変ですが)教会であるとばかり

思っていました。

こんなに色々な困難とともに、そこに存在した意味が

分かり、さらに貴重な国宝であることが分かりました。

おそらく来年には、世界遺産に登録されるであろう

「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」

にはそんな潜伏キリシタンたちが自分の命と変えてまでも

守ろうとした信仰の歴史が隠されています。

そして、その当時の農民たちが「キリスト教」になにを見たか。

今の苦しみを癒すもの、希望にあふれたもの、亡くなったあとは

パライソへ行けると信じられるもの。であったのだと思います。

熱く、キリスト教についてお話していますが

私は仏教徒です(笑)

世界の人々が、どんな宗教観を持っていようとも

目指す先はみな同じであると思っています(*^_^*)

#たわごと #お知らせ

8回の閲覧