検索

雛の鮨 を読みました


和田はつ子さんの「雛の鮨」を読みました。

こちらは片付け教室の馬場先生からお借りした本。

私は時代小説を読んだことがないのですが、

馬場先生曰く

「時代小説を読んでいると、おいしいご飯がたくさん

出てくるから、多分好きだと思いますよ」とのこと。

私は「料理上手」でも「料理を作ることが好き」でも

「食べることが死ぬほど好き!」な訳でもないのですが、

「かもめ食堂」みたいに、ごはんを作って食べているシーンが

とても好きなのです。

「雛の鮨」

武士の身分を捨てて、料理人として生きている

季蔵が、江戸の世にはびこる「罰せられない罪人」を

「裏稼業」で成敗するストーリー。

(これ書きながら、堺雅人さんがやっていたドラマ「ジョーカー」

 を思い出しました。)

季蔵が料理人だけあって、料理のシーンが沢山出てくるのですが

夜中に読みながら、お腹が空いてたまらなかったです(笑)

「時代小説は読んだことないけど、結構苦手かもしれない。」

と思っていたのですが、私の頭の中に生きた「登場人物」が出てきて

すごく面白かった! 「時代劇チャンネル」を頭の中で再生している感じです(笑)

ちなみに「雛の鮨」は「料理人季蔵捕物控」という副題が

ついておりまして、これからどんどん続くみたいです。。

(すでに9巻あるようで)

以前書きましたが、私「続き物」がとても苦手なのです。

時間を拘束されるのが嫌なのです((+_+))

でもこの小説は読んで行こうかなぁと思いました!

普段は自分の好みの本しか読まないのですが、

ここ最近「人から本を借りて読む」ことが多いです。

それは「今年は、年に50冊読書して、

本の内容や感想をブログに書く」という私の目標を

聞いた人たちが「本を貸すよ~」と言ってくださってのことなんです。

実は私「人から本を借りるのも苦手」(図書館はよく行きますけど)

だったんです、「読んで返さないといけないというプレッシャー」があるので。

でも人から教えてもらわないと、本の幅は広がらないですね。

時代小説は多分借りていなかったら、読んでなかったと思います。

#本の感想 #お知らせ

0回の閲覧