検索

神はサイコロを振らない


3/6にfacebookの記事に書いたことと

かぶるのですが、

「神はサイコロを振らない」という2006年に

放送されたドラマを観ました。

私実は、続き物が苦手で、

連続ドラマとか、本の上下巻とか(笑)

小説も出来ればすべて短編小説にしていただきたいくらい

なのです。

何でかと言うと、「時間を拘束されるのが嫌」だからです。

先日荻上直子監督の

「彼らが本気で編むときは、」を観た後に

どうしても小林聡美さんの作品を観たくなり

そういえば、昔親友から勧められていたなぁと思い出し

「神はサイコロを振らない」を見始めたんです。

9話あるんですけど、

私2日で観終わりました。

しかも、仕事が終わってからの時間内で。

やればできるんですねぇ・・・

内容はファンタジーです。

1996年に全く残骸が残らなかった飛行機事故があり

(なんと、壱岐⇔長崎便!!)

搭乗していた乗客、乗員全員が死亡したことになっていた。

しかし、2006年その飛行機が長崎空港へ着陸。

搭乗していた全員は10年前のままだった。

現実の世界を生きている(遺族)は

10年分年を重ねていて、

お互い戸惑いながらも、

状況を受け入れたり、

忘れていた気持ちを思い出したりと、

それぞれの家族、仲間に物語がある訳です。

最後・・・ちょっと切ない終わり方をするんですけどね、

正直観終わった後は、ぼーーっとしました。

え?嘘・・的な

でも、後で納得しました。

10年間、隠さざるを得なかった、気持ちとか希望のような

ものを、再会した日々で取り戻すことができた。

だから、良かったんだって。

ほぼ、内容書いてますね、私(笑)

本当におすすめです!

#たわごと #お知らせ

0回の閲覧