検索

彼らが本気で編むときは、を観ました


先日、映画「沈黙」を観たあと、

このままでは帰れない。と思ったので、

(気分的に)

これまた観たかった

「彼らが本気で編むときは、」を鑑賞しました。

私は荻上直子監督の作品がツボるタイプです。

荻上監督ご本人が

「自分の第二幕の始まり」という映画だけあって、

今までの映画に比べると、より分かりやすく社会問題を

取り上げている気がしました。

今までの映画は、

ほんのりと、普通のことを、

伝えたいことを、伝えている感覚が

あったんですよね。

私はそれが好きなんですけど。

ちなみに荻上監督の映画を観ると、

突然「お掃除」や「お片付け」がしたくなります。

ちなみにこの映画を観た日

お家に帰って「お片付け」をしました。

スッキリしました。

彼らが本気で編むときは、

生田斗真演じるトランスジェンダーの女性(リンコさん)と

彼女を愛する叔父(マキオ)

母親が家出をして、

マキオとリンコさんが一緒に住んでいるお家に

身を寄せる少女(トモ)のお話です。

内容はもう書きませんが

話の中盤で、小池栄子演じる「同級生の男子←(彼女も実はトランスジェンダー)」の母

がリンコさんとトモが仲よくスーパーで買い物をしている姿を目撃します。

トランスジェンダーに偏見を持つ小池栄子は(ってか役柄ですが)

侮蔑的な言葉をトモに言い放ちます。(彼女は優しさのつもり)

ここでは、小池栄子はリンコさんを観た瞬間に「トランスジェンダーの女性」

ということに気づいたという設定です。もちろん。

でも、私はもう「女性」にしか観えなかった。生田斗真が。

相当役づくりに苦労したとのインタビューを読みましたが、

完璧に女性でした。すごく美しかったです。

私、女性として生まれてきて、

心も女性なのに、

行動、考え方、姿勢、服装、所作・・・などなど

かなり男性的な部分があります。

考え方はさておき、

リンコさんをみて、少し反省しました。

これからも、荻上監督には

普通の人の日常を、

丁寧に撮影した映画を期待しています!

私はそういう映画が好きなのです。

#たわごと #お知らせ

56回の閲覧

最新記事

すべて表示

充電完了

なつかしい。3年前の福岡一人旅 その時のブログはこちら「福岡一人旅」 読み返していて、これが旅の醍醐味なんだなぁと感じました(笑) このブログを読み返したきっかけは facebookの振り返り機能 3年前の11月30日に投稿した「福岡一人旅」がこの機能で出てきました。 読みかえして、色々甦ってきて大爆笑! 楽しかったなぁ それと同時に、最近冒険してないなぁってふと思いました。 昨日11/29に顔ハ