検索

居留地にあったお店に


長崎は、日本が鎖国時代だった頃も

出島だけが唯一、海外との窓口になっていました。

その後、日米修交通商条約があり、

(ペリーさんが「開けなさ~い。」って言ったやつですね)

外国との窓口が5港に拡大。

アメリカを皮切りにイギリス、ロシア、オランダ、フランスとも

通商条約が結ばれていきます。

そして、外国人が居住地として利用する

外国人居留地が整備されていったのです。

今、てがみ屋がある場所は

その外国人居留地があった場所です。

ちなみにてがみ屋は旧大浦町25番地(現在7番22号です)

日本で初めての「西洋式ホテル:コマーシャルハウス」があった

場所でもあります。

この場所にてがみ屋があることに

とても意味を感じています(ええ。勝手に)

そこで、私が目指しているのは

居留地にあったお店作り。

この辺りは古い洋館(和洋折衷的洋館)が

沢山残っています。 せっかくの歴史的景観があるのだから、

お店も融合できたら楽しいなぁと思っているのです。

近くにはミッション系の学校もあり(活水学院と海星学園)

とても素敵な佇まいなんですよ。

ちなみにこの写真は孔子廟(中国)の横にある弊と溝。

写真の撮りかたで、外国にいるような写真が出来上がります!

居留地と絡めたワークショップもやりたいな~と

計画中です。

ぜひその際はご参加くださいませ!

#たわごと #お知らせ

14回の閲覧

最新記事

すべて表示

本の話。日本語を味わう名詩入門6 中原中也

このブログは、何年前かに書いていて下書きに入れっぱなしになっていたもの。 改めて読んでみると、すごくいい!なんですぐアップしなかったんだろう。 きっと感想を書こうと思っていたのだな。 感想なんて不要です。とにかく素敵な詩でした。 ↓↓↓ 中原中也の詩を読んでみたいと思っていたので図書館で借りたのですが、 最初はとっても暗くて・・・ついていけないワールドかなぁと思いました。 でも読んでいくと、こんな

机の上

© 2013-2020 てがみ屋
© 2013-2020 てがみ屋