検索

時候のあいさつ(2月編)


私は現在41歳ですが、(公表しちゃた!!)

お手紙を書く相手は

私より少し年下の方~60代の方が多いです。

普段から、交流のある方(お手紙もしくは会う)

が多いので、正直あまりかしこまって書くことがありません。

ただ、「はじめて名刺交換した方」へ

お葉書を書くようにしているので、

そういう1度だけお会いした方には、少々かしこまります。

ただ、葉書で送る場合は、書く行数が限られてくるので

「拝啓、○○の候、ますますご健勝のこととお慶び申しあげます。」

なんて書いていたら、本当に伝えたかったことを書けないで

終わってしまいます。

と言う訳で、ほとんどは「前略」ですませています。

そもそも、大社長などに会う機会もなくいですし笑)

では、私がもしも、とっても尊敬する

「小山薫堂さん」にお手紙を書くと仮定すると、

「拝啓、向春の候、ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。」

から入ると思います。(だってお話したことないし・・・)

時候の挨拶には、その季節ごとに沢山の種類がありますが、

私はその中から、より「明るく感じる言葉」を選ぶようにしています。

今の季節はまだまだ寒くて、気分も暗くなりがちなので、

上記は春を連想させる言葉を選んでみました。

では、ご参考までに、

2月の季語

厳寒/余寒/立春/残寒/残雪/残冬/晩冬/向春/春寒/梅花/軽暖 の候

2月の挨拶文

・寒気も少しずつ緩みはじめましたが~

・まだまだ寒さが厳しいですが~

・梅のつぼみがほころぶ季節となりましたが~

・春の訪れが待ち遠しい季節となりましたが~

・暦の上では春になりましたが、まだまだ寒い日々が続いております~

基本的に目上の方へ送るお手紙には

拝啓、もしくは謹啓などの頭語

季節のあいさつ+近況を伺う言葉

 ↓

本文

 ↓

結語   となります。

結語の基本は、(これで最後の文章になりますが、

あなたのことを気にしていますよ~)という気持ちを込めるとよいと思います。

私はほとんど「○○な季節ですが、お体ご自愛くださいませ」で締めくくります。

今だと、インフルエンザがめっちゃくちゃ流行っているので

「世間ではインフルエンザが大流行しているとのことですが、

 ○○様はくれぐれも流行りに乗りませんように」とかいいかもですね。

基本的に手紙を書くことで気を付けていることは

①相手を思いやること

②相手の状況に応じて言葉を変えること

とにかく相手のことを考えて書きます。

メールやSNSになくて手紙にあるものは

「かける時間」だと思います。

お手紙を書いている時間は、相手のこと

そして、自分のことに集中して書けば、すらすらと文章が

でてくると思いますよ!

では楽しんでお手紙書いてくださいね♡

#お手紙QA #お知らせ

34回の閲覧