検索

11月29日顔ハメ看板ニスト塩谷朋之さんのトークイベントをおこないました


顔ハメ看板ニスト塩谷朋之さんとは

一眼レフと脚立をお供に

顔ハメ看板に顔を収めた写真を撮りまくっている

この業界ではかなり有名な方です。



塩谷さんとの出会いは約2年半前でした。

てがみ屋の店内には「てがみはとの顔ハメ看板」があるのですが

お客様から「顔ハメ看板をすごく好きな方が長崎に来るので

ぜひ連れていきたい」とご連絡をいただいたことがそもそもの始まりです。

(顔ハメ看板をすごく好きな方って言われていたので

当日お会いしてそのプロぶりに驚いたことを覚えています(笑))


それからはそのご縁で、塩谷さんが長崎に来るときに

てがみ屋主催でトークイベントをさせていただいています。


今回は第3回目。


塩谷さんが撮り貯めている顔ハメ看板をプロジェクターに映しながら、

そのエピソードを語っていただくのですが

今回のトークテーマはずばり「長崎」

塩谷さんの新刊である『顔ハメ百景「長崎」天領ぶらぶら編』が発売された記念イベントとしておこないました。






この看板は、塩谷さんが看板屋さんに特注で作ってもらった顔ハメ看板!!

(運べるように二つのパーツを組み立てて使います)

顔の部分は外せるようになっていますw

実はこの看板のイラスト、今回の本の挿絵なのですが、

塩谷さんの横でピースサインをしている女性が

私に塩谷さんを紹介してくれた女性です(笑)


彼女は元ロマン長崎(ミス長崎)だった方。

最初私とはお客様と店員の関係でしたが

今では私の友人で、いろんな情報を教えてくれたり

前回のブログで紹介した「秋田、長崎お手紙でつながろう」イベントを一緒におこなったりもしました。


以下当日の模様です。

最初の1時間は塩谷さんのトーク

本に掲載されている画像を見ながら、その時のエピソードを紹介してくれました。

椅子席は当日受付順で9名の方のみ

その後に到着された方は立見。

申し訳なかったのですが、このギュウギュウ感がまた良かったです。






その後30分は質疑応答の時間でした。

顔ハメ看板の最初の本を出したきっかけ

奥様とのなれそめなど、皆さんからのいろんな質問に答えてくださいました。

その話に全員大爆笑!!

塩谷さんは言葉のチョイスが秀逸で、本当に面白いんです!!




そして恒例の記念撮影

毎回イベントの最後にみんなで写真を撮るのですが

今回は第1回目のオマージュで(笑)

みなさんに「はと」になってもらった写真も撮りました。