検索

言葉の魔力

言葉って本当に強い力を持っていると思います。

何気なく発した言葉が

(そんなつもりはないのにってこともあると思います)

誰かを傷つけることもあれば、

励ましてくれることもある。

だからこそ、毎日使う「言葉」は良い気分の言葉を

使いたいなぁと思う。

7月に短大時代の恩師から封書が届きました。

その中に

先生が主宰されている朗読の会の会報誌と共に

短いお手紙が添えられていました。


きっと昨今の状況から

店舗を営業している私を元気づけようと、

書いてくださった言葉なのだろう。

最後の言葉を読んで

私は涙が止まらなかった。

その言葉は

「がんばるのよ!」


4月に父が亡くなったという話を

長々とブログに書かせていただいたのですが

「5/8 愛する父へ最期の手紙

ブログを書いた後も、なかなか悲しみから抜け出せずにいました。


私の両親は幸いにも、とても仲が良かったのですが、

実は母は元々心臓が弱く

普段から入退院を繰り返していました。

父の最期の方は、病院から「もう入院した方がいい」と言われながら

ずっと父のために入院を拒み

かなりの体力を消耗していたようです。


父の告別式もあまりの体調不良で出席することができず

式場から救急車で運ばれていくほどでした。

その時先生に言われたのは

「母は普通の人の20%しか心臓の働きがない」というものでした。


その後母は退院し、

実家に戻っていた私たちと数か月暮らしました。

きついからいいよって言うのに

仕事で帰りの遅い私たちのために食事を作ってくれ

「ただいま」って帰ると「おかえり!お疲れ様」

と言って満面の笑みで迎えてくれました。

本当に可愛い可愛い母でした。

7月の中ごろ

普段は検診の日以外、病院へ行きたがらない母が

珍しく病院へ行きたいというので

夜中に緊急入院をさせてもらいました。


私たちは、今までのように

1か月くらい入院して加療すれば

また一緒に暮らせると思っていました。


現に翌日にはすっかり顔色も良くなって

「きっとお父さんの初盆の頃には戻って来られるね」って

話していたんです。

だけど

2日後に急変し、処置をしていただいたことで

何とか持ちこたえましたが

一人部屋に移され、点滴を13本も繋がれ

さらには足の付け根に刺した針のせいで

動いてはダメと言われ。

母にとって地獄のような日々が始まりました。


母はお友達が多く、

初対面の人ともすぐに仲良くなる、人当たりのとても良い人でした。

コロナ禍でお友達や親戚にもお見舞いを遠慮・・・というか

入院していること自体伝えていなかったんです。


私たちも仕事が忙しいのと、休日もコロナのことがあり

なかなか長い時間一緒にいてあげれなくて。

一人部屋の天井を見ながら、母は何を思っていたのでしょう。


それでも、私たちが駆け付けると

「忙しいとにごめんね」って。

母は弱音を全く吐かずに、

体がきついとは言うけど、私たちに当たることもなく。

本当に立派な人でした。


母の最期は

父の初盆が終わった翌週でした。