検索

南山手でコトバを紡ぐ~プレイバックブログ~

令和2年2月24日(振替休日・月) におこなったワークショップの様子をようやくUPいたします(*_*;


今回のワークショップの題名はずばり

「南山手でコトバを紡ぐ」

セトレグラバーズハウス長崎さま主催のワークショップで

てがみ屋は講師として参加いたしました。


今回のワークショップは大きく3つの内容でした。

①てがみ屋による「ことばのワーク」

②セトレスタッフ村田さんによる「手紙にまつわる長崎の歴史の話」

③てがみ屋による「文通ワーク」


更にセトレ料理長によるデザートとコーヒーがついてなんと!2,000円!!

というとってもお手頃価格なのに贅沢な内容でした。


セトレグラバーズハウス長崎さま 長崎市南山手にあるおしゃれなホテルです。

大浦天主堂やグラバー園まで徒歩1分ほどで行ける異国情緒豊かな場所に立地。

当日はご覧の通り快晴でした!良かった~~。



入口を入ってすぐの場所に「ラウンジ」があります。

樂は長崎生まれのマガジン(季刊誌)写真も内容もとってもおしゃれな雑誌なんですよ。

こちらは宿泊のお客様とセトレ会員の方であれば自由に本を読むことができます。



当日のワークショップ会場です。

広々と使わせていただき、とても贅沢させていただきました。




当日会場の中で「てがみ屋」の商品を販売させていただきました。




さて、ワークショップの模様です。

まずは①てがみ屋による「ことばのワーク」

こちらは前回11月におこなったお手紙のワークショップでも行いました。


私は「お手紙」は「ことばの贈り物」だと思っています。

その「ことば」は優しくて、愛があるものであって欲しいので

まずは自分にとって「良いイメージのすることば」を思いつくまま書いてもらい

その後「自分が言われて嬉しい言葉」をかいてもらいました。


言霊って本当にあると思っているので、

日頃から使う言葉には気を付けたいですね。


しばし、お手紙のいいところなどをお伝えして①終了。



②セトレスタッフ村田さんによる

「手紙にまつわる長崎の歴史話」

セトレの村田さんは歴史が大好き。

好きが高じて「村田さるく」なるワークショップをセトレさんでされています。

今回はその中でも「手紙」にスポットを当てて

長崎の歴史話をしていただきました。

目の前に広がる香港上海銀行と長崎港を見ながら聞くお話は

一瞬タイムスリップしたかのようでした。





休憩を挟み③の「文通ワーク」

こちらはまず「今年の目標」を20分間で便箋に書いていただき、