検索

てがみ屋メモ帳に新しいキャラが登場!!

てがみ屋オリジナルメモ帳は

今まで(キャラクター別に)全7種発売されてきました。

(いままでのラインナップはページの最後の方で紹介します。)

てがみ屋メモ帳の特徴は

何と言っても、セリフの面白さ(自分で言う)

セリフは10個が繰り返しになっています。

それぞれのキャラクターが

いかにも言いそうなセリフをつぶやくのです。

きっと自分にピッタリなハトがいると思います!


ちなみに私に一番近いキャラは「おたくはと」かなぁ。


さて、この度新しく2種のはとが誕生しました。


左:優しい言葉を掛けてくれる「長崎のおばあちゃん」

右:はっと考えさせられるセリフを呟く「はと牧師」 です。


今回は制作秘話をご紹介します。


去年の夏頃、メモ帳のストックが無くなってきたので

発注をしようと印刷会社さんへ相談したところ

「2キャラくらい増やしてみたらどうですか?」と言われました。


その頃の私は、全くイケてなくて(いや、今もイケてるわけではないけど)

全然アイデアが降りてこなかった・・・

(このメモ帳だけはデザインもセリフも私が考えているんです)


ただ、どうしても入れたかった言葉(セリフ)が一つだけあったのです。

それは

はと牧師がつぶやいている

「人生の最後にどんな人だったと言われたいですか?」です。




昨年父と母が立て続けに亡くなったのですが、

二人のことを「こんな人だった」と皆さんが言ってくれる言葉で

救われることが多かったんです。

同時に、

「ああ、私が死んだとき、なんて言われるのかなぁ」と思いました。

亡くなった時に惜しまれるくらいの人間性が欲しいなぁと。

最後に言われるその言葉のような生き方をしようって思いました。


それで、「人生の最後にどんな人だったと言われたいですか?」

というセリフをつぶやかせるキャラクターを考えようって思ったんです。


最初はそのキャラクターを天使にしようと思ったのですが、

天使のキャラクターって身近にいるなぁって思って

神さまに近い職種の方にしようと思ったんですよね。


私仏教徒なんで、お坊さんの方が身近なのですが、

でも長崎って教会のイメージだから、教会の方に決定!


しかしそこで、ネーミングを「神父さん」と「牧師さん」

どちらにするべきかで相当悩みました(*_*;

色々調べた結果、神父さんの正式名称は「司教」

しかも序列で名前が違ったりする・・とか色々難しそう。

ということで「牧師さん」にしました。

別に「カトリック」より「プロテスタント」を選んだわけではないので

本当に、その辺りは突っ込まないでいただければ幸いです(笑)



はと牧師がつぶやく10個のセリフは

常日頃心がけたいと私が思っていたこと(でもすぐに忘れてしまうこと)

を呟いてもらっています。

このメモ帳を使うたびに、大切なことを思いだしたいという気持ちで作りました。




そして「長崎のおばあちゃん」はと

こちらは、思いっきり自分の母に言ってもらいたい言葉にしました!


私がお母さんに言って欲しい言葉がメモ帳に書いてあったら、

使うたびに励まされるだろうなぁって思ったのです。

「一番は自分の気持ちやけんね」

「絶対大丈夫やけん 自分ば信じらんばよ」(信じなさいよって意味です)